TEAM HONDA
MENU
チームホンダについて
メンバー紹介
トレーニング日程
登頂日誌
応援メッセージ
エベレストについて
Map
Opening Movie
Mail お問合せ

エベレストについて
About Mt.Everest
球上で一番高い所に立てた人間は、これまで1.800人余います。(日本人は120人余。2004年現在)これからは、飛行機や宇宙船に乗って遥か上空まで行くことは、もっと簡単になるかもしれません。しかし、これまでも8.848mの高所へ、人間の力のみで一歩一歩登っていくことにこだわり、挑み続ける人は後を絶ちません。エドモンド・ヒラリーが1953年に初登頂に成功してからも、毎年世界中の登山家がアタックを試みてきました。生存率は7分の6という数字が登山の過酷さを物語っています。高度順応、酸素・水分のコントロールや天候など、様々な条件が整って始めて可能になる、正に命がけでの極地移動になります。体力と精神力、綿密な計画と十分な装備、そしてアタックまでの心身の鍛練こそが、結果につながると言われています。

◎一日の平均温度差は、30度(最高気温は15度近くなり、最低気温は−15度)
テントの中では日中で30度近くになる。
◎平均湿度は35% ◎酸素量は通常平地の30%程度になります。


ヒマラヤ山脈の最高峰エベレスト(8,848m)は、パキスタン北部のインダス川上流から、インドや中国、ネパールを横切りブータンを経てブラマプトラ川上流まで達する、全長2.400キロメートルに及ぶ世界一の大山脈の中のネパールヒマラヤの東に位置します。チームホンダは、ネパールのカトマンズより移動を開始します。

Everest History/Record
ベレスト登頂の歴史と記録を振り返ってみましょう。(敬称略)
「山がそこにあるから」で有名な登山家ジョージ・マロリーが世界初(1924年)の登頂者かも
しれないが、遭難をする。75年後の1999年エベレストの山頂付近で遺体が発見される。記録はなく真実は不明のまま。

◎人類最初の登頂は、1953年5月29日、英国登山隊のニュージーランド人 エドモンド・ヒラリ−とシェルパのテンジン・ノルゲンが成し遂げる。
◎日本人初登頂は、植村直己と松浦輝夫が1970年に達成。(三浦雄一郎のエベレスト滑降と同年)
◎世界初の女性登頂は、田部井淳子が1975年に達成。
◎最高齢登頂は、三浦雄一郎の70歳(2003年)。最年少記録は、女性シェルパのミンキパの15歳(2003年)




Page Top E-Mail Everest Himalaya