TEAM HONDA
MENU
チームホンダについて
メンバー紹介
トレーニング日程
登頂日誌
応援メッセージ
エベレストについて
Map
Opening Movie
Mail お問合せ

チームホンダについて

→ ご挨拶English組織図計画概要行動概要

チーム・ホンダエベレスト2005登山隊
この度、2005年エベレスト登山隊「チーム・ホンダ」を結成する事にしました。
皆様方にとっては唐突の感を持たれると思いますが、私にはそれなりの経過がございました。
実は私個人、5年前までは登山と無縁の生活をしておりましたが、1999年の初め、スキーで大腿骨複雑骨折をして入院した際、三浦雄一郎先生が何度か私の病室にお見舞い下さり、「本多君、一緒にエベレストに行かないか」とおっしゃいました。率直に言って“何で私が”という感じで受け止めておりましたが、気付いてみれば、その年の秋からヒマラヤ・ゴーキョピーク、そして2001年4月ヒマラヤ・メラピーク、10月にはアイランドピーク、2002年3月〜5月チョーオュー(8,201m)の7,000m迄、三浦隊と一緒に苦難の道のりを歩き続けておりました。特に最初のゴーキョピークの折には、骨折の回復の直後で大変苦しい思いをしましたが、それがきっかけで今日に至っております。昨年の三浦先生のエベレスト登山隊は残念ながら同行出来なかったのですが、三浦先生のお陰で新たな人生の目的と夢を持たせていただきました。その夢の実現に向かって歩きだすべく、今回の計画に至った次第です。
人生は、一見不可能と思えることに挑戦してこそ価値があるし、目指す夢がある限りどんな困難も乗り越えられると思います。もし、三浦先生からのエベレストへのお誘いがなかったら、きっと私は「今まで通りの人生」を歩んでいた事でしょう。人生このまま“たそがれ”ちゃいけないと一念発起し、本気でエベレストを目指し始めたのが4年半前です。人生どれだけ長く生きたかということではない、どう生きたか、つまり密度だと思います。自由な心で生きたいように生きる。何が起きても責任は自分でとる。それが幸福な生き方だと思います。
夢は必ずかなうもの、そう信じながら具体的に準備に取り掛かっております。
来年のエベレストに向け、是非皆様方のご支援・ご協力をお願い申し上げます。


チーム・ホンダ エベレスト2005登山隊
隊長  本多通宏
Team HONDA Everest 2005


Formation of Team Honda Everest 2005 Mountaineering Party
Dear Supporters:

I have decided to form a mountaineering group called "Team Honda Everest 2005." This may seem like an unexpected move to you, but there are reasons behind this undertaking.

As recently as five years ago, I had nothing to do with mountain climbing. In early 1999, I suffered a compound thighbone fracture while I was skiing. While I was in the hospital, Mr. Yuichiro MIURA, the world-famous skier and climber, kindly visited me a few times. On one such occasion, he unexpectedly asked me, "How about climbing Everest with us?" "Why me of all people!" was my frank reaction to the suggestion.

Yet, before realizing what I had gotten myself into, I somehow managed to trek in the Himalayas with Mr. Miura and his party: Gokyo Peak (5,360 m) in late 1999, Mera Peak (6,654 m) in April 2001, Island Peak (6,160 m) in October 2001, and Cho Oyu (up to 7,000 m of the 8,201-m peak) in March-May 2002. Gokyo Peak was particularly hard for me because it was immediately after I had recovered from the fracture, but it marked the start of my trekking adventures. Regrettably, I could not join the Miura party's Everest venture in 2003. However, I am indeed grateful to Mr. Miura because thanks to his encouragement I found a new objective and dream in my life. The formation of Team Honda Everest 2005 is the first step towards the realization of the dream.

Your life becomes worthwhile when you try to accomplish the seemingly impossible. You can overcome any difficulty as long as you have a dream. Had I not been introduced to Everest trekking by Mr. Miura, I would still be leading "just an ordinary life in the same manner as before " today. It was four and a half years ago that I resolved that I would not face the twilight of my life doing nothing and started to think seriously about trying Mt. Everest. I believe that what counts is not how long you live, but the manner how you live. What is important is the quality of one's life. Live as free a life as you wish, but be prepared to take responsibility for the outcome. This is my idea of a happy life.

I have started preparations for Everest 2005 believing that the dream will come true. I would be most grateful for whatever support you may be able to extend to this venture.

Yours sincerely,


Michihiro HONDA
Representative
Team Honda

チームホンダ エベレスト登山隊2005 組織図

メディカルアドバイザー 中尾 國明 東芝病院 消火器内科 医長
フィジカルアドバイザー 小林 正之 町立八丈病院 成形外科 (元厚生中央病院成形外科部長)
スペシャルアドバイザ− 宮原 巍 ヒマラヤ観光開発株式会社 代表取締役
スペシャルアドバイザ− 我妻 明 SOSプロジェクト 代表取締役会長

協賛サポ−ター
・日本大使館領事部
・トランス・ヒマラヤン・ツアー
ヒマラヤン・トレジャー・トレッキング
・ホテル・ヒマラヤ
・外務省邦人保護課(海外安全センター)
・富士写真フィルム株式会社
・千鳥屋
sosプロジェクト
・ロテスリーレカン
・ヱスビー食品株式会社
・味の素株式会社
・HORIZON MOBILE COMMUNICATIONS
・株式会社ウェザーニューズ

計画の概要
1: 登山隊の名称 Team Honda Everest 2005 Expedition
2: 目的 エベレスト8,848mの登頂
3: 期間 2005年3月中旬〜5月
4: 隊員構成
隊長 本多 通宏
登攀隊長 井本 重喜
隊員 児玉 毅
BC要員 辰野 貴史
高所ポーター 8名
BCスタッフ 3名
リエゾンオフィサー 1名
事務局員(国内) 2名
5: 日程
2005年 3月中旬 日本発

3月下旬 カトマンズ発

4月10日 登山活動開始

5月15日 登頂予定

5月25日 登山活動終了

5月下旬 カトマンズ着

6月上旬 日本帰国
6: 連絡先 留守本部: 本多通宏
チームホンダ・エベレスト2005事務局
141-0021 東京都品川区上大崎4-5-37
本多電機(株)内
電話番号:03-3492-6571
ファックス:03-3492-6538
m-honda@hokutodenki.com
応援メール・遠征中のお問合せは、
yume@teamhonda-everest2005.comまで

エベレスト2005 行動概要(1:入山)
日次  行動予定
3/16
 成田 ⇒バンコク
 バンコク ⇒ カトマンズ
3/16
〜3/22


 カトマンズ滞在 (打ち合わせ・準備等)
3/23  カトマンズ ⇒ルクラ⇒パクディン(2610m)
3/24  パクディン⇒ナムチェ(3440m)
3/25  ナムチェ⇒エベレスト・ビュー(3880m)
3/26  エベレスト・ビュー⇒ナムチェ(3880m)
3/27  ナムチェ ⇒タンボチェ(3860m)
3/28  タンボチェ滞在
3/29  タンボチェ ⇒パンボチェ(3930m)
3/30  パンボチェ ⇒ディンボチェ(4410m)
3/31  ディンボチェ滞在
4/1  ディンボチェ滞在
4/2  ディンボチェ ⇒トゥクラ(4620m)
4/3  トゥクラ ⇒ロブチェ(4910m)
4/4  ロブチェ ⇒ゴラクシェップ(5140m)
4/5  ゴラクシェップ滞在
4/6  ゴラクシェップ ⇒BC(5300m)
4/7  BC滞在

エベレスト2005 行動概要(2:登攀)
日次  行動予定

 <第1ステージ>
4/8  BC滞在
4/9  BC滞在
4/10  BC⇒C1(6100m)
4/11  C1⇒C2(6400m)⇒BC
4/12  BC滞在
4/13  BC滞在
4/14  BC⇒C1(6100m)
4/15  C1⇒C2(6400m)
4/16  C2⇒C3(7200m)⇒C2(6400m)
4/17  C2⇒C1⇒BC(5300m)
4/18  BC滞在
4/19  BC滞在
4/20  BC滞在
4/21  BC⇒C1
4/22  C1⇒C2
4/23  C2⇒C3⇒C2
4/24  C2滞在
4/25  C2⇒BC
4/26  BC滞在

 <第2ステージ>
4/27  BC⇒ロブチェ
4/28  ロブチェ⇒ディンボチェ
4/29  ディンボチェ滞在
4/30  ディンボチェ滞在
5/1  ディンボチェ(またはぺリチェへ移動)
5/2  ディンボチェ(またはぺリチェへ滞在)
5/3  ディンボチェ(またはぺリチェ)⇒ロブチェ
5/4  ロブチェ⇒BC
5/5  BC滞在
5/6  BC滞在
5/7  BC滞在
5/8  BC滞在

 <第3ステージ>
5/9  BC⇒C1(6100m)
5/10  C1⇒C2(6400m)
5/11  C2滞在
5/12  C3⇒C3(7200m)
5/13  C3⇒C4(8000m)
5/14  C5⇒Top(8848m)⇒C4(8400m)
5/15  C4⇒C2
5/16  C2⇒BC
5/17  BC滞在
5/18-23  BC滞在(予備日)

エベレスト2005 行動概要(3:下山)
日次  行動予定
5/24  BC ⇒ぺリチェ
5/25  ぺリチェ ⇒シャンボチェ
5/26  シャンボチェ⇒カトマンズ
5/27 〈残務・帰国>
5/28
5/29
5/30 バンコク⇒成田 



Page Top E-Mail Page Top Everest Himalaya メンバープロフィールへ