メンバー紹介

 

本多通宏遠征隊隊長

本多通宏(ほんだみちひろ) 遠征隊隊長

1939年東京都生まれ。1985年より1999年まで北都電機(株)代表取締役社長を務める。1998年10月始めてのネパール訪問、カラパタール(5550m)までトレッキング。2000年1月札幌テイネハイランドでスキーにより転倒、右大腿骨頸部複雑骨折により同年3月まで入院、同年4月より5月までリハビリ。2000年10月三浦雄一郎先生とクラーク記念国際高等学校高校生5名とヒマラヤゴーキョピークを目指がシャンボチェでギヴアップ、屈辱を味わう。メンバーは見事ゴウキョーピーク制覇、2001年4月メラピークC-2(5800m)よりスキー滑降、2001年10月アイランドピーク2002年4月パルチャモ、2002年3月チョ・オュー(8201m)三浦隊と同行遠征。2004年チーム・ホンダを結成。その後、アイランドピーク、エルブルース、メラピーク、エベレスト(8848m)ノーマルルートから挑戦。サウスコル(7984m)より右手中指凍傷の為下山。
2008年7月新たなメンバーを加えて西ネパールの未踏峰『Takphu Himal』(6395m)を目指している。
現本多電機(株)取締役 相談役


加藤慶信登攀隊長

加藤慶信(かとうよしのぶ) 登攀隊長

1976年山梨県生まれ。小中学校時代はサッカー、高校時代はバレーボールを楽しむが、明治大学入学後、ひょんなきかっけから山岳部に入部し山の世界にのめり込む。初めてのヒマラヤは1995年インドのガングスタン峰(6162m)。その後1997年にマナスル(8163m)に登頂。1999年にリャンカン・カンリ(7535m)初登頂。 2001年にガッシャブルムⅠ(8068m)ガッシャブルムⅡ(8035m)に連続登頂。2002年にローツェ(8516m)に登頂。2003年アンナプルナⅠ峰(8091m)南壁より登頂。2005年にチョモランマに登頂。8000m峰8座、9回の登頂に成功。現、(株)ICI石井スポーツ新宿西口店勤務。明治大学山岳部コーチ。文部科学省登山研修所講師


児玉 毅隊員

児玉毅 (こだまたけし) 隊員

1974年北海道札幌市生まれ。1989年三浦雄一郎氏率いるスキーチーム、ミウラドルフィンズに入門。2シーズンに渡るアメリカでのスキー修行を経て、プロスキーヤーに。ビッグマウンテンスキーのワールドツアーを転戦。ファイナル出場。1999年国内屈指の難斜面といわれる後立山連峰:不帰Ⅱ峰での厳冬期初滑降後。2000年冒険スキー集団「なまら癖-Ⅹ」を結成。北米大陸最高峰マッキンリー(6124m)登頂し、山頂からのスキー滑降に成功。2001年、北千島スキー探険。2002年、立山・奥大日岳東壁 厳冬期初滑降。同年、南アメリカ大陸スキー放浪。2003年グリーンランドにて、シーカヤック、登攀、スキーをミックスした遠征を成功させる。2004年メラピーク(6654m)に登頂し、山頂からスキー滑降。2005年チームホンダの一員として世界最高峰エベレスト(8848m)の登頂に成功。その他にも、世界中の山にシュプールを刻み続けている。スキー専門誌や一般誌などのメディアにて活躍。


鈴木彩乃隊員

鈴木彩乃(すずきあやの) 隊員

1980年北海道室蘭市生まれ。1985年市民スキー大会にて5位入賞。スキー活動を開始。1989年北海道歌志内市 かもい岳レーシング所属、1992年全道ジュニアアルペン大会(GS1位)・1995年全国中学生スキー大会(GS2位・SL7位)・ジュニアオリンピックス大会(SG1位)・北海道選手権大会(GS1位)・世界ジュニア大会ウィスラーカップ(SG2位・GS1位・SL4位)・1997年全日本スキー選手権大会( DH1位・SG1位・)他。その後全日本ナショナルチーム入り、FIS、ヨーロッパカップ、世界大会などを転戦。1995年小樽双葉高校入学し3ヶ月後にアメリカバーモント州・バークマウンテンアカデミー校へスキー留学。1998年右足前十字靭帯損傷。1998年バークマウンテンアカデミー校卒業。2007年12月31日、札幌テイネハイランドで本多隊長と運命の出会い。現三浦雄一郎スノードルフィンズ所属
LOWE ALPINEASOLO株式会社 キャラバンGOLDWINATOMIC


門谷 優 記録

門谷優 (かどたにまさる) 記録

1982年京都生まれ。高校/大学在学中に数度ヒマラヤ山脈を訪れ、その神々しいまでの美しさと、そこに暮らす人々に魅せられる反面、ネパールを取り巻く世界最貧国としての現状に大きな衝撃を受ける。2004年より、主に不可触民/貧困層出身の子ども達を被写体に撮影活動を開始。2006年大学卒業後からはネパールに暮らし、”ヒトのいる風景”をテーマに、様々な社会問題や子ども達の様子、そしてネパールの魅力を撮影している。2001年メラピーク、2002年パルチャモ登頂。


製作者 admin, 製作日: 2008年06月18日